Sparkの請求 よくあるFAQ

ここ数日のFlareへの関心の高さに驚いています! 金曜日にSparkを受け取るためにXRPLアカウントを準備するプロセスを発表して以来、XRPLアカウントに含まれる2億9,500万以上のXRPがSparkトークンを受け取るためにアカウントを設定しています。

この記事では、Sparkのトークン要求プロセスに関するよくある質問への回答を紹介します。また、Flare Networkが稼働したときに自動的にSparkを受け取るための技術的な手順についてもまとめています。

XRPL LabsのWietse Wind (@WietseWind)氏には、LedgerハードウェアウォレットやXUMMアプリを使用してXRPLアカウントを準備してSparkトークンを受け取るための非常にシンプルなツールをリリースしてくれました。ありがとうございます。:flare.wietse.com

また、Towo LabsのMarkus Alvila (@RareData)氏とPatrik Sletmo (@patriksletmo)氏には、XRPツールキットとXRPL用Ledgerウォレットファームウェアの最新バージョンを作成していただき、自己管理のXRPLユーザーがFlareのためにアカウントを準備することを可能にしていただきました。ありがとうございました。

FAQ集

Sparkトークンを請求できるのは誰ですか?

Ripple Labsを除くすべてのXRP所有者と、Ripple Labsの一部の元従業員はSparkトークンを主張することができます。

Sparkトークンは最大で何個請求されますか?

450億

分配金はどのように配分されていますか?

現在、約450億のXRPトークンがありますが、これはRipple Labsの非保有者に配布されています。これらは、自己保管しているホルダーと、取引所や他のプロバイダーで自分のXRPを保持しているホルダーに分配されています。

まず最初に特定の元帳インデックス番号のすべてのXRP元帳アドレスのスナップショットが撮られます。

次にこのスナップショットに属する既知のアドレスから Ripple Labs、Ripple Labsのt特定の元従業員、およびFlareのサポートを確認していない取引所は削除されます。

450億のSparkトークンを請求する権利は、スナップショットのXRP残高に応じて、残りの各アドレスに分配されます。これにより有効な請求者が保有しているXRPトークンに対して、1つ以上のSparkトークンを受け取ることになるかもしれません。これは、参加していない取引所が配布から除外されているにもかかわらず、現在配布されている450億トークンにカウントされているためです。

私の取引所はSparkの配布をサポートしていますか?

もしあなたがサポートされている取引所の顧客であれば、あなたの取引所はXRPの保有量に応じてSparkトークンを顧客に分配することを公に表明しています。もしあなたの取引所がリンク先に表示されていない場合は、あなたの取引所は参加していないと考えてください。

取引所がSparkトークンを配布してくれない場合はどうすればいいですか?

取引所がSparkトークンをクライアントに引き継ぐかどうかを決定し、確認するためには、相応の時間を与えたいと考えています。まず、取引所にSparkトークンをサポートするように圧力をかけ、私たちに連絡するように伝えてください。それでも取引所がSparkトークンをサポートしない場合は、XRPをサポートしている取引所に移すか、XRPを自己保管に移す必要があります。

重要: スナップショットの日付より前にこれらのアクションを実行する必要があります。

スナップショットの日付はいつですか?

以下のタイムスタンプを持つ最初の検証済みXRP元帳

2020年12月12日 00:00 GMT

この日はマーサ・コストンの誕生日を記念して選ばれたもので、Flareのテストネットの名前にちなんで命名されました。

Sparkトークンを請求するにはどうすればいいですか?

自己管理している場合、Sparkトークンを請求する方法は、XRP LedgerアドレスのMessage KeyフィールドをFlareアドレスに設定するだけです。(このプロセスは以下で詳しく説明します)。Sparkを主張するには、スナップショットの日付から6ヶ月後までにこれを行う必要があります。

あなたのXRPがサポートしている取引所に保管されている場合、取引所はあなたのために請求処理と配布を処理します。取引所のウェブサイト/アプリ内でいくつかのアクションを取る必要があるかもしれません。

スナップショットの日付から6ヶ月以内に請求されないSparkはどうなりますか?

バーンされます。

Flareアドレスとは?

FlareはスマートコントラクトにEthereum仮想マシンを使用しています。Flareアドレスは、同じキー導出スキームを使用するEthereumスタイルのアドレスです。FlareアドレスはEthereumブロックチェーン上にはありません。

自己管理した場合、Sparkの請求手続きのために複数のXRPLアカウントの準備をまたいで同じEthereum互換の公開鍵を使用することはできますか?

はい - しかし、私たちはあなたのXRPLアカウントが一緒にリンクされている周りのプライバシーの懸念があるためにお勧めしません。

自己管理した場合、ハードウェアウォレットのEthereum公開鍵をSparkのアドレスとして使うことはできるのでしょうか?

はい-ただし、FlareはEthereumとは別のネットワークであり、SparkはEthereumではなくFlareで配布されることに注意してください。また、EthereumアカウントとXRPLアカウントが一緒にリンクされてしまうと、プライバシー上の懸念があることにも注意してください。

Sparkはどのようにして届くのですか?

Flareネットワークは、ステートコネクターシステム(Flareホワイトペーパーで詳しく説明されています)を介してXRPLの状態を自動的にエンコードします。これは、Sparkトークンを配信するために中央集権的なエンティティやキーホルダーのクローズドなセットが存在しないことを意味します。

自己管理している場合、SparkトークンはFlareネットワーク上で動作するスマートコントラクトのセットで配信され、起動時またはネットワークがXRPLを読んであなたの請求を登録した時点で配信されます。ネットワークが稼働した後にSparkを請求することができますが、スナップショットから6ヶ月経過した後は請求できません。Sparkトークンは、クレームプロセス中に指定されたFlareアドレスに配信されます。発売時には、いくつかのFlare対応ウォレットが用意されています。

XRPをサポート取引所で保有している場合は、取引所であなたのアカウントにSparkトークンを配信してくれます。

Sparkの価値とは?

Sparkの価値についてコメントすることはできませんし、今後もコメントすることはありません。

FlareはSparkのディストリビューションを使って、自分が何人のXRPを所有しているか、自分が誰なのかを判断することができるのでしょうか?

Flareは請求プロセスにおいて、XRPLedgerにおいて公開されていない情報を受け取ることはありません。

Sparkを請求するためのXRP Ledgerアカウントの準備

秘密鍵を保持しているEthereum対応のアドレスを取得します。

下記のアドレスにフォームの公開アドレスを提供するとします。

$$\texttt{0x415f8315c9948Ad91e2Cce5b8583A36dA431fb61}$$

既存のEthereumアドレスを使用することもできますが、上記のプライバシーへの配慮をご覧ください。

1)Ethereum対応アドレスを取得する

$$\texttt{0x415f8315c9948Ad91e2Cce5b8583A36dA431fb61}$$

上記のようなアドレスから0xを取り除き、残りの文字を大文字にして、文字セットを作成します。

例:$$\texttt{0x415f8315c9948Ad91e2Cce5b8583A36dA431fb61}$$

注意: 元のアドレスの大文字小文字は関係ありません。

2)02+24のゼロを大文字の文字セットに追加します。

例:$\texttt{02000000000000000000000000415F8315C9948AD91E2CCE5B8583A36DA431FB61}$.

3)この値をXRPLアカウントのメッセージキーとして設定します。

これで完了です。そうすれば、あなたのXRPLアカウントは、あなたのアドレスでフレアネットワーク上のSparkトークンを受け取るための準備が整います。

設定されたアドレス:$\texttt{0x415f8315c9948Ad91e2Cce5b8583A36dA431fb61}$.

XUMMのウォレットホルダーとXRPのLedger Nanoホルダーの場合、XRPL Labsの創設者であるWietse Windが開発したツールを使用してください。

https://flare.wietse.com

Subscribe to the Flare Blog

* indicates required